«

»

8月 31

キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ(新宿) 抜群のホスピタリティ

なんだか久しぶりの更新になってしまった。。。

 

久しぶりの更新はここ「キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ」。

大好きなレストランの1つです。

キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ(新宿)

 

訪問したのは、5月の下旬。

ちょうどトロワグロ行きたいなぁと思ってたところ、TVでトロワグロが入っちゃった。

これは行くしかないと思い、当日に予約の電話をいれると大丈夫とのこと。
良かった。

 

シェフのリオネル・ベカがESqUISSE(エスキス)に移ってからは、どうしてもESqUISSE(エスキス)に足が向かいがちだったが、

http://www.esquissetokyo.com/index.html

やっぱりトロワグロも好きなレストランの1つには変わりない。

 

抜群のホスピタリティで行くたびに非日常の時間を味わせてくれる。
もちろん、味わいも抜群。
この目を引かれる盛り付け。

キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ(新宿)

 

それに、この火入れエロいでしょ。

キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ(新宿)

キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロはハイアット リージェンシー内にあるレストラン。
天気もよかったため、新宿駅から散歩がてら歩いてみる。
ガラス張りになっているから、外から見てもキレイだけど、店内も解放感たっぷりに見えるんだよね。

キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ(新宿)

 

店内の入口を入ると、まずはガラス張りのキッチン楽しみを与えてくれる。
また、席にエスコートされるまでの間、皆さんが暖かく迎えてくれる。
食事前から、気持ちが自然とあがってくる。

今回は少し広めの席に案内してもらったのかな。

キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ(新宿)

 

まずは、シャンパーニュから。
あー、うまい。

キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ(新宿)

 

アミューズも相変わらず楽しみを与えてくれる。

キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ(新宿)

 

イカとマンゴーにワサビを添えた1品。
フレンチではあまり見ないワサビだけど、マンゴーの甘味と酸味にアクセントくれて初夏を楽しめる1品になっている。

キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ(新宿)

 

次はフォワグラのポワレ。
添えているのパインだったかな。
このフォアグラも酸味がしっかりあり、どちらかとさっぱりといただけた。
がつんとくるフォアグラも好きだけど、トロワグロではこんなテイストに仕上げてくれるも嬉しい。

キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ(新宿)

 

ここで、グラスで白ワインを。

キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ(新宿)

 

魚料理鯵のマリネ。
旬の味は脂がのってうまい!

キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ(新宿)

 

メインは牛ロースのグリル。
キレイな盛り付けだけど、

キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ(新宿)

 

肉に旨みをしっかりと閉じ込めたジューシーなお肉なのが見て分かるでしょ。
ここまでの、酸味がしっかりした流れから一変して、ガツンとした食べ応えだったな。

キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ(新宿)

 

グラスで赤ワインをもらって、堪能。

キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ(新宿)

 

でも、これで終わりじゃないんだよね。
別腹のデセールももちろん楽しみの1つだしね。

 

ピスタチオのムース。
上に乗っているのは枝豆だったかな。

キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ(新宿)

 

もうひとつのデセールは、ヨーグルトのアイスと丸いメレンゲ。
メレンゲの中に何か入ってたんだけど、失念。。。
うまかったことは覚えているんだけどね。

キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ(新宿)

 

最後はエスプレッソをいただきながら、お茶菓子をいただく。
最後まで、いちいち洒落てるでしょ。

キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ(新宿)

 

急だったけど、やっぱり来ておいて良かったな。
美味しいものが食べれたのはもちろんだけど、サービスも抜群で心も癒されたしね。

 

これ書いてたらまた行きたくなってきたから、近々再訪してみようかな。

 

こちらをペタッとしてもらえると励みになります(^O^)

人気ブログランキングへ