«

»

9月 29

サヴール(札幌) すすきので堪能するカウンターフレンチ

サヴール(札幌)

札幌の1日目の夜はフレンチのサブール。
サブールはすすきのにある第六桂和ビルの2階にある。

サヴール(札幌)

 

カウンター好きとしては嬉しいカウンターフレンチがサーブルでは味わえる。
もちろん、食材も北海道産にこだわった料理も堪能できる。

サヴール(札幌)

これはアミューズで出てきた鴨の生ハム。
最初っからテンションあがりますよ。

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

店内はカウンターを主体としながらもテーブルの席数は結構ある。
15席くらいはあったかな。

サヴール(札幌)
キッチンが見渡せる席に案内され、まずはシャンパーニュでスタート。

サヴール(札幌)

 

アミューズはさっきの鴨の生ハム。
これが合わない訳がない。

後ろに見える丸いのは、ほおずき。
始めて食べたけど甘酸っぱさがくせになりそう。

サヴール(札幌)

 

アラカラルトで攻めたんだけど、食べたいものがありすぎて迷う迷う。

結局、野菜からのスタート。
前菜の1品目は、季節野菜の一皿”夏”。
季節の野菜を様々な調理法で一皿に詰め込んだ一品。
ここからの展開を考えると、一品目として間違いなかったな。

サヴール(札幌)

 

この辺から白ワインを。
選んだのはシモン・ビーズのサヴィニー・レ・ボーヌ。
旨味と酸味のバランスが良くて、肉料理の前までしっかり楽しめた。

サヴール(札幌)

サヴール(札幌)

 

前菜の二品目は、羊内臓のソーセージ”アンドゥイエット” マスタード風味

この食感は意外な展開。アンドゥイエットだからかみごたえのある食感をイメージしてたんだけど、フワフワな食感を感じさせてくれる。もちろん羊の内臓の旨味もたっぷり。入っている内臓はミノやセンマイ、ギャラ、肺など。東京ではあまり食べれる機会がないな。うめー!

サヴール(札幌)

 

魚料理はクネル。

サヴール(札幌)

 

ヴァンテールのクネルも美味かったけど、サヴールのこのクネルも反則でしょってくらい美味かったな。どちらかというとサヴールのほうがソースが柔らかいイメージだった。やっぱり、クネル好きだわ。

サヴール(札幌)

 

こっから肉料理に突入なんだけど、その前にナイフ、フォークを変えてもらって。

サヴール(札幌)

 

ワインもボルドーに切り替えて。

準備万端です。

サヴール(札幌) サヴール(札幌)
肉料理は、滝川産チェリバレー鴨のローストとフォアグラのソテー 黒トリュフ風味のポルト酒ソース。
これが美味くない訳ないよね。

IMG_3596_compressed

 

この鴨が目の前で焼いたり休まさせたりさせるもんだから、他の料理食べれてる間も気になって気になって。やっと来てくれてたよ。
もう気分も満腹感も絶頂に。

サヴール(札幌)

 

デセールは流石にたどり着かなかったなぁ。
最後はシェフに見送りしてもらって、至福な食事ができました。

 

 

こちらをペタッとしてもらえると励みになります(^O^)

人気ブログランキングへ